スポーツ

久保建英はサッカーの色気が足りない!?

投稿日:

1: 2021/02/22(月) 17:38:00.33 ID:CAP_USER9
20210220_Takefusa-Kubo-Getty

名波氏が感じる久保の凄さ、16歳の時点で「大人のサッカーを熟知していた」

 
 1990年代後半から2000年代前半にかけてジュビロ磐田の黄金期を支え、1998年フランス・ワールドカップ(W杯)に“10番”を背負って出場した元日本代表MF名波浩氏は、これまで選手としてはもちろん、監督としても数多くの名選手のプレーを間近で見てきた。そんな“一流”を知る名波氏の目に、19歳でスペイン1部の舞台で戦う日本代表MF久保建英(ヘタフェ)のプレーはどのように映っているのか。「サッカーの色気がまだ足りない」と語った名波氏は、日本サッカー「歴代の天才4人」の名前を引き合いに出しながら、久保に“結果”を求めた。(取材・文=Football ZONE web編集部・谷沢直也)

10歳でスペインの名門バルセロナの下部組織“ラ・マシア”に入団し、世界トップレベルの育成環境のなかで成長した久保は、Jリーグや年代別代表で数々の史上最年少記録を塗り替えながら階段を駆け上がってきた。名波氏はそんな久保の凄さについて、FC東京でプロ契約をしてJ1リーグデビューを果たした16歳の時点で、「大人のサッカーを熟知していたこと」と語る。

「16歳や17歳の選手は普通、ボールを持ったら2人、3人とドリブルで抜きたくなる。だけど久保は、ここで行ったら自分が(ボールを)ロストする可能性が高いと思ったら、あっさりとボールを離す。さらに何が凄いと言えば、離した後にプレーエリアを変えること。その距離が2メートル、3メートルの時もあれば、15メートルくらいパーっと走っていく時もあって、そのアイデアは僕が16歳か17歳くらいの時にはなかった。高校生の頃の自分は『良いパスを出したい』『トリッキーなことをしたい』がファーストチョイスで、離れたセカンドチョイスで人に任せるというところがあったけど、久保は当時からそのジャッジが素晴らしいし、サッカーIQはだいぶ高いと思います」

 同じレフティーから見て、技術面にも凄さを感じていた名波氏だが、選手としての変化を感じたのは2019年に横浜F・マリノスへの期限付き移籍からFC東京に復帰した時だという。

「(FC東京監督の長谷川)健太さんがレギュラーとして使い始めたあたりから、守備のハードワークが伴ってきて、チームにとって必要なエリアでファウルをもらうプレーとか、チームにとって必要なプレーの選択、今は前への推進力が必要な時か、タメを作る時かというジャッジが、チームメートに凄く伝わりやすくなった。そうなるとボールも久保のいた右サイドにどんどん流れてきて、後ろのサイドバックがバンバン前に出ていける。そこをおとりに使う、あるいはそこを有効に使いながら一気にスピードアップするなど、久保という1人の選手のキャラクターが完成形に近づいていったことで、チームの戦術も変わっていったように見えましたね」

2021.02.21
https://www.football-zone.net/archives/308995

歴代の“天才4人”のように「チームメートが久保頼みになっていない」

 18歳にして、そんな影響力をチームにもたらしていた久保。スペインに戻り、リーガ・エスパニョーラの舞台で戦うようになった現在のプレーに関して、名波氏は「この年齢で、スペインリーグでプレーしていること自体が凄い」としたうえで、「サッカーの色気がまだ足りない」と独特な表現で課題を指摘した。

「僕は今、日本における『歴代の天才』は4人しかいないと思っています。中村俊輔(現・横浜FC)、中村憲剛、小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)、遠藤保仁(現・ジュビロ磐田)。ここに久保が入らないのはなぜか、それはやはり自分がチームを勝たせたという結果がついてきてないからです。単発での試合で勝利に貢献しても、年間を通してタイトルを獲れたのか、あるいは日本代表の勝利にどれくらい還元できたのかというと、Aマッチに11試合出場してまだ得点もアシストもない。先ほど挙げた4人は、ピッチに立てばどんどんボールが回ってくる。一方で久保は、チームメートが完全に“久保頼み”にはなっていないから、選手としての色気がまだ出ていないと感じるんです」

 久保がゴールやアシストという結果を手にするために大切なことの一つとして、名波氏はシュートへの意識を挙げた。

「自分が点を取りたいという願望が強ければ、例えば(リオネル・)メッシなら1試合に6本とか7本も打つ。もちろん多く打てば良いわけではないけれど、アタッカーのポジションでプレーするのなら、もう少しゴールへの形を描きながらドリブルをしたり、ボックスの近くで顔を出してほしい。今の久保に求めたいのは、そこだけ。ここからの数年で色気が出てきたら、一気に天才の領域に入ってくる選手であるのは間違いないです」

 名門レアル・マドリードの保有選手であり、海外メディアの視線も集めながらスペイン1部で継続的に戦っている久保。名波氏も技術力とサッカーIQの高さを認めているからこそ、真の天才へと覚醒する瞬間を心待ちにしていた

7: 2021/02/22(月) 17:43:22.36 ID:x6mJt4In0
要するにもっとイケメンになれということかああ


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
久保建英はサッカーの色気が足りない!?

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。