スポーツ

なぜリバプールは勝てなくなったのか?

投稿日:

1: 2021/02/21(日) 16:11:30.68 ID:CAP_USER9
スクリーンショット 2021-02-21 19.11.58

2020年6月26日。

あの夜から一夜明けた朝だった。クロップは疲れていたが笑みを浮かべ、「Champions 19-20」と書かれたスウェットを纏って「Zoom」を通じて世界中のメディアに対応した。

クロップは幸せを感じていた。リヴァプールはプレミアリーグ優勝を果たし、30年に及んだ雌伏のときは圧倒的な成績で幕を下ろした。リヴァプールはチャンピオンズリーグを制し、プレミアリーグ優勝を成し遂げ、クラブワールドカップでも戴冠を果たしていた。

そう、“すべてのチャンピオン”だったのだ。

チャンピオンとなった彼らに対しては、こういう疑問が湧いてくる。「どんな気持ちだっただろう?」「何が起こるか知ったのはいつだろう?」「越えなければいけなかった最大の壁は何だったのだろう?」「祝勝会はどんな感じだっただろう?」

そして、今最も適切な質問はこうだ。「次にチームに起こることは何だと思う?」
一度優勝するのは素晴らしいことだが、連覇するのは難しい挑戦となる。そんな中、クロップはタイトルを「守る」という言い方を嫌っていた。

「タイトルを守る? 本当に面白い言いぐさだね。連覇して初めて本物と言えるだろう、と言われているのを聞いたことがある。見事に英国風の物言いだね。けれど本当に面白いよ」

その後、リヴァプールは王座を守ることは一切しない、と主張するようになった。そうではなく、次のタイトルに“アタック“する、と言うようになったのだ。
クロップはこう宣言した。「このチームは王座を求めることをやめない。まだ成長の余地があるし、まだまだ先は長いと思うよ」。

これはたった8か月前の出来事だが、もうすでに別の時代のことのようにも思えてくる。この間、世界は一変してしまったが、リヴァプールの崩壊が始まったのはつい数週間前のこと。夢は悪夢に変わってしまった。

“アタック”は失敗

タイトル防衛、もしくはクロップの言葉を借りれば「アタック」は散々な状況になってしまっている。優勝争いの目は尽きたも同然。それどころか、7分間で逆転される大事故を起こしたレスター戦のように、最近の状況を見ればトップ4に入れる能力すらないのではないかという疑いが強くなってくる。

勝ち点で97、99を稼いだ過去2年の強さを維持することはいつだって難しかったことだろう。だがリヴァプールの凋落はことさら顕著になってきている。

そんな彼らを最近「バッド・チャンピオン」と呼んだのはロイ・キーン。チームのメンタリティや性質に疑問を投げかけた。彼の発言の真偽はともかく、実際にスタッツは落ち込んでいる。

リヴァプールは昨シーズン、24試合消化時点で勝ち点70を獲得し、2位に19差をつけて首位に君臨していた。今シーズンは25試合で勝ち点40。リーグ首位のマンチェスター・シティには16ポイント差を付けられている。

昨年6月には頂点に君臨していたのに、2月には床でぐったりしている。これがフットボールなのだ。チームが崩壊したレスター戦の後、クロップは連覇に関して「降伏」したことを認めた。土曜日の夜までには、彼の去就についての噂がマージ―サイドで燃え広がっていた。

はっきりしているのは、彼はまだ辞任しておらず、またすぐには辞任しないだろうということだ。ピッチ内外で厳しい立場にあることは確かだが、クロップはまだそこにいて、戦い、働いている。献身的で、決意も確かだ。

しかし、どうしてこの状態になってしまったのだろうか。どのようにして2019年と2020年に見た夢は2021年に悪夢に変わってしまったのだろうか。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/1c3a5ab20a54deab782842867be436d66cdb7d58 

35: 2021/02/21(日) 16:44:46.92 ID:uruHmsGj0
>>1
ファン・ダイクいないのはでかいだろ
対人世界一でロングフィードの武器も持ってんだから
他に選手とろうにもそんな選手いないしな

4: 2021/02/21(日) 16:16:08.43 ID:1KPltHqy0
まあクロップに限ってもドルトムントで勝てなくなったしなサッカーあるある


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
なぜリバプールは勝てなくなったのか?

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。