スポーツ

スウェーデンであの「イブラヒモビッチ」を超えるレジェンド選手www

投稿日:

1: 2021/01/31(日) 08:00:03.75 ID:CAP_USER9

スウェーデン代表の「レジェンド完全格付け」。“王様”イブラヒモビッチを抑えて1位に選出されたのは?


スクリーンショット 2021-01-31 9.43.17

1/31(日) 6:12
配信
SOCCER DIGEST Web
https://news.yahoo.co.jp/articles/91edb5e43d5426a19140ec5b782aadd05b8b3bd8

9位はJリーグでプレーしたMF

【識者選定 スウェーデン代表レジェンドの貢献度ランキングTOP10】

1位:トマス・ブロリン(FW):47試合・27得点[1990~1995年]

2位:ズラタン・イビラヒモビッチ(FW):116試合・62得点[2001~2016年]

3位:ラルフ・エドストロム(FW):40試合・15得点[1972~1980年]

4位:ボッセ・ラーション(FW):70試合・17得点[1964~1978年]

5位:ロンネ・ヘルストロム(GK):77試合・0得点[1968~1980年]

6位:ヘンリク・ラーション(FW):106試合・37得点[1993~2009年]

7位:ヨナス・テルン(MF):75試合・6得点[1987~1997年]

8位:オロフ・メルベリ(DF):117試合・8得点[2000~2012年]

9位:フレドリック・ユングベリ(MF):75試合・14得点[1998~2008年]

10位:アンデシュ・スベンソン(MF):148試合・21得点[1999~2013年] 

 歴代最多の62ゴールを挙げたイブラヒモビッチは、EURO2004のイタリア戦で決めた空中ヒールのアクロバティック弾など数々の歓喜を国民にもたらした。実力的にはスウェーデン史上随一だろう。ただ、メジャー大会最高成績は決勝トーナメント1回戦(02年と06年のW杯、EURO04)で、個人的には2位が妥当と考える。

 代わって1位に選んだのが、ブロリンだ。自国開催のEURO1992のイングランド戦でチームをベスト4に導く決勝点を挙げ、続く94年W杯では攻撃のフリーロールとして
躍動して大会ベスト11に選ばれるなど、3位入賞の原動力となった。

 ここ一番で決定的な仕事をする勝負強さ、拳を天に掲げてクルッと回転するゴールセレブレーションなど、記憶にも残る名手だった。怪我が響いて28歳で引退を余儀なくされたことも、むしろ北欧の短い夏を連想させる。まさにスウェーデン・サッカーを象徴するレジェンドだ。

 3~5位は、メジャー大会で予選敗退を繰り返した暗黒の60年代を経て、W杯3大会連続出場とチームを復権させた70年代の名手たちだ。エドストロムは191センチのハイタワーで、さらに足下の技術も確かなCF。その魅力が凝縮された74年W杯の西ドイツ戦で決めたボレーシュートは、大会屈指のゴールとして記憶される。
 ボッセ・ラーションは複数のポジションで機能したマルチロール。当時のゲオルゲ・エリクソン監督が「選手選考ではまずラーションを選んだ」と語ったほど不可
欠な存在だった。74年と78年のW杯で「大会屈指のGK」と称賛されたヘルストロムは、
紛れもなくスウェーデン史上最高の守護神だ。

 6位は38歳まで代表チームに貢献したヘンリク・ラーション。W杯とEUROに3度ず
つ出場し、主要大会通算9ゴールはスウェーデン歴代最多だ。7位は伝説的な94年W杯のチームで主将を務めたテルン。その類稀なキャプテンシーはもちろん、ボール奪取力とチャンスメーク力を兼備した名ボランチだ。

 8~10位は2000年代の堅守速攻サッカーを支えた主軸たち。CBメルベリは高さと
統率力を利して最終ラインに君臨し、ウイングのユングベリは爆発的なスピードを武器にカウンターの起点となった。
以下ソース参照

文●鈴木肇(ジャーナリスト)
※『ワールドサッカーダイジェスト』2021年1月21日号から転載

3: 2021/01/31(日) 08:02:29.12 ID:kxK7Yma/0
>>1
ブロリンの方が上なのか

16: 2021/01/31(日) 08:09:22.41 ID:Ok7nnEgx0
>>3
W杯3位が効いてるんだろうな


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
スウェーデンであの「イブラヒモビッチ」を超えるレジェンド選手www

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。