スポーツ

進学校の野球部監督が働き方改革 心の余裕が指導力に

投稿日:

引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1611733565/

1: 風吹けば名無し 2021/01/27(水) 16:46:05.02 ID:a1Z7Fzx20
働き方改革に成功した高校がある。
東北でも有数の進学校として知られる仙台二(宮城)だ。野球部は15年夏の県大会でベスト8、18年春季大会でもベスト8進出を果たしながら、選手たちは東北大、東大、京大、一橋大などに進学。文武両道を貫いている。

18年、文科省から「学校の働き方改革」が出ると、それに即し、学内で「部活動ガイドライン委員会」が結成され、ルール作りに取りかかった。金森信之介監督(35)もその1人。
「野球部は、土日で練習試合や公式戦もあるので、オンとオフのシーズンに分け計画を立てました」。
オフシーズンは木曜、日曜の週2日、シーズン中は週に1日が練習休み。
教員は年間105日、そのうち52日間は週1日、休みを取るというものだ。

https://www.nikkansports.com/baseball/column/baseballcountry/news/202101260000157.html
202101260000157-w1300_0

2: 風吹けば名無し 2021/01/27(水) 16:46:30.80 ID:a1Z7Fzx20
運動部の監督として、ルール作りで難しかったのは平日の練習時間。
文科省からは、平日2時間、休日3時間の練習時間という指導だったが、部活の準備時間は含めず「実質活動時間」を2時間とし午後7時30分の完全下校を達成した。

仙台二に赴任して6年目。慶大野球部で野球漬けの毎日を送り、次は指導者として甲子園を目指そうと熱い思いを抱いていた金森監督を待ち受けていたのは、多忙な日々だった。
赴任当初は土日の1日練習が終わると、自宅に仕事を持ち帰り、夜遅くまで授業準備や受験指導に時間を費やす。休みなしの毎日だった。
「正直、赴任して1年目は、超難関校に進学する生徒への指導準備で野球のことなんて考えられなかった。勉強9、野球1の生活。野球をやりたくて指導者になったのに全然違うな、と感じていました」。

3: 風吹けば名無し 2021/01/27(水) 16:46:38.82 ID:a1Z7Fzx20
しかし現在は、時間に余裕ができ、受験指導にも時間を充てられるようになった。「現在は勉強と野球が5対5でバランス良くできていると思います」とその成果を感じている。
そればかりか、余暇には野球の本を読んだり、夫人と買い物や温泉に出かけ、息抜きの余裕もできた。

7: 風吹けば名無し 2021/01/27(水) 16:48:01.94 ID:As2cnXIWd
えええやん


続きを読む

Source: なんJ PRIDE
進学校の野球部監督が働き方改革 心の余裕が指導力に

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。