スポーツ

西武時代のデーブ、某コーチに顔面を硬球で何発も殴られる

投稿日:

硬球 Twitter

引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1609842422/

1: 風吹けば名無し 2021/01/05(火) 19:27:02.26 ID:ItWQdFWe0
 現役時代に西武(1985-1992)、巨人(1992-1995)でプレーした大久保氏は、今回の動画で西武時代に自身や同僚が指導者から受けた「鉄拳制裁」をテーマにトーク。
その中で、1985年1月に行われた西武の新人合同自主トレで、当時西武コーチだった伊原春樹氏から硬球で殴られたエピソードを明かした。

高校通算52本塁打を記録した打力を買われ、1984年ドラフトで西武から1位指名を受けた当時17歳の大久保氏。しかし、高校卒業前に参加した合同自主トレでは走り込みや守備練習ばかりをやらされたため非常にフラストレーションがたまっていたという。

 そんな中、ある日のメニューで股割りの姿勢で捕球練習を行っていた際、いら立ちが表情に出ていたのか伊原氏から「何ふてくされてんだコラ」と注意された大久保氏。
それまでたまっていた不満を抑えきれず、「僕はバッティングで(プロに)入ったのに、バッティングじゃなくてこんなことばかりやらされて…」とつい反発してしまったという。

 すると、大久保氏の言葉を聞いた伊原氏はその場に転がっていたボールを両手でつかみ、そのまま大久保氏の顔面を複数回にわたって殴打。大久保氏によると、伊原氏の殴る力は「顔中に縫い目の跡がついた」というほど強かったという。
https://npn.co.jp/article/detail/200009612

2: 風吹けば名無し 2021/01/05(火) 19:27:17.06 ID:ItWQdFWe0
 硬球で殴られたことで顔面がパンパンにはれ上がり、脳震とうまで起こしたという大久保氏。練習中に起きた出来事のため当然周りの選手や記者も自身が殴られる光景を見ていたというが、
「(この程度の暴力は)事件にも何にもなんない(時代だった)」と当時を振り返っていた。

 大久保氏はこの他にも先輩がミスをしたあおりで自分も殴られた話や、自身の同期、後輩の2名をまとめてボコボコにしたコーチなどについて動画内で語っている。

 伊原氏は西武(1981-1999,2001-2003,2014)、阪神(2000)、オリックス(2004)、巨人(2007-2010)で監督やコーチを歴任し、グラウンド内外での厳しい指導から“鬼軍曹”とまで呼ばれた人物。その伊原氏の強烈な鉄拳制裁に驚いたファンも多かったようだ。

6: 風吹けば名無し 2021/01/05(火) 19:28:27.43 ID:RwYKB0LY0
さすが伊原

12: 風吹けば名無し 2021/01/05(火) 19:33:36.97 ID:rKqZWZtW0
これエグいやん
よく骨に何もなかったや


続きを読む

Source: なんJ PRIDE
西武時代のデーブ、某コーチに顔面を硬球で何発も殴られる

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。