スポーツ

Jリーガーだけで日本代表を組んでみた結果!ww

投稿日:

1: 2020/11/15(日) 20:05:37.27 ID:CAP_USER9
 スクリーンショット 2020-11-15 21.43.48

11月5日、欧州遠征(11月13日、パナマ、11月18日、メキシコ)をする日本代表のメンバーが発表される。前回同様、欧州組が中心になるだろう。欧州組だけで代表を組めることになった現状は、日本サッカーの成長と言える。

 しかし欧州組も、Jリーグでプレーを重ねることで成熟している。欧州組に匹敵するような力を持ったJリーガーは、今も生まれつつある。彼らの何人かはこれから海を渡って、ステージを上げるのだろう。

 その点、Jリーグ勢だけでも代表を編成できなくはない。

Jリーガーの日本代表メンバー

 Jリーガーで、25人の代表メンバーリストを作ってみた。あくまで一例だが…。

GK
中村航輔(柏レイソル)
東口順昭(ガンバ大阪)
高丘陽平(横浜F・マリノス)

DF
岩田智輝(大分トリニータ)
瀬古歩夢(セレッソ大阪)
渡辺剛
小川諒也
中村拓海(FC東京)
昌子源(ガンバ大阪)
中谷進之介(名古屋グランパス)
永戸勝也(鹿島アントラーズ)

MF
田中碧
大島僚太
三苫薫
家長昭博(川崎フロンターレ)
三竿健斗(鹿島アントラーズ)
大谷秀和(柏レイソル)
松尾佑介(横浜FC)
清武弘嗣
坂元達裕(セレッソ大阪)
水沼宏太(横浜F・マリノス)

FW
古橋亨梧(ヴィッセル神戸)
小林悠(川崎フロンターレ)
江坂任(柏レイソル)
上田綺世(鹿島アントラーズ)

 ポジションによっては、世界の強豪と戦うには厳しいか。欧州組と比べると、全体的な経験値も足りないだろう。しかし、実力者たちだ。

今すぐでも欧州を舞台に活躍できるJリーガー
 中でも、古橋、田中、松尾、坂元の4人は、今すぐでも欧州の中堅リーグでプレーできるポテンシャルの高さを感じさせる。

 古橋の持つ絶対的なスピード、スペースへの入り方は、欧州組FWと比較しても遜色はない。ボールをヒットする感覚も含めて、自分のタイミングを持っている。敵ディフェンスと少しずれたテンポでシュートを打ち込める。ダビド・ビジャ、イニエスタと近くでプレーすることで、ゴールに向かう感覚は研ぎ澄まされてきたのだろう。

 また、田中も非凡さを感じさせる。戦術的に優れ、ポジション取りが抜群に良い。相手と入れ替わるようなパワー、スピードもあり、攻守両面で弱点がなく、どのゾーンでもやるべきことを心得ている。周りを生かすのも得意で、インテリジェンスを感じさせ、それがアンカー、ボランチ、インサイドハーフなどでプレーできる理由だろう。現在のJリーグで、世界に推せるナンバー1のMFだ。

 23歳になる松尾は、肩のケガで今シーズンは厳しい状況だが、その実力は見せつけてきた。ふてぶてしいまでに、すべてのプレーがゴールに結びついている。相手の裏を取る動きは、ゴールから逆算し、うまく見えるプレーに溺れることがない。周りを使うのがうまく、使われるのも巧みな選手と言える。それがコンビネーションプレーで相手を幻惑させる。この点は、久保建英と同様だ。

 戦力的に劣勢を強いられるリーグ戦で、J1デビューシーズンにしてチーム最多の7得点は立派だろう。

 坂元も、右サイドでポジション的優位を保ちながら、常にゴールへ向かう。縦を切られたら中へ、中を切られたら縦へ。左利きだが、左右両足を操れるだけに、プレーの選択肢が豊富。横浜F・マリノス戦での1対1は圧巻だった。左足で中に切り込むと誘って、ディフェンスの重心をずらす。そこから一気に縦に切り込むことで逆を取って、右足で完璧なクロスを折り返すと、味方の決勝点をアシストしている。

 この4人は、プレーヤーの素養としては欧州組と比較しても遜色はない。

https://news.yahoo.co.jp/byline/komiyayoshiyuki/20201104-00206217/

今すぐでも欧州を舞台に活躍できるJリーガー
 
中でも、古橋、田中、松尾、坂元の4人は、今すぐでも欧州の中堅リーグでプレーできるポテンシャルの高さを感じさせる。

 古橋の持つ絶対的なスピード、スペースへの入り方は、欧州組FWと比較しても遜色はない。ボールをヒットする感覚も含めて、自分のタイミングを持っている。敵ディフェンスと少しずれたテンポでシュートを打ち込める。ダビド・ビジャ、イニエスタと近くでプレーすることで、ゴールに向かう感覚は研ぎ澄まされてきたのだろう。

 また、田中も非凡さを感じさせる。戦術的に優れ、ポジション取りが抜群に良い。相手と入れ替わるようなパワー、スピードもあり、攻守両面で弱点がなく、どのゾーンでもやるべきことを心得ている。周りを生かすのも得意で、インテリジェンスを感じさせ、それがアンカー、ボランチ、インサイドハーフなどでプレーできる理由だろう。現在のJリーグで、世界に推せるナンバー1のMFだ。

 23歳になる松尾は、肩のケガで今シーズンは厳しい状況だが、その実力は見せつけてきた。ふてぶてしいまでに、すべてのプレーがゴールに結びついている。相手の裏を取る動きは、ゴールから逆算し、うまく見えるプレーに溺れることがない。周りを使うのがうまく、使われるのも巧みな選手と言える。それがコンビネーションプレーで相手を幻惑させる。この点は、久保建英と同様だ。

 戦力的に劣勢を強いられるリーグ戦で、J1デビューシーズンにしてチーム最多の7得点は立派だろう。

 坂元も、右サイドでポジション的優位を保ちながら、常にゴールへ向かう。縦を切られたら中へ、中を切られたら縦へ。左利きだが、左右両足を操れるだけに、プレーの選択肢が豊富。横浜F・マリノス戦での1対1は圧巻だった。左足で中に切り込むと誘って、ディフェンスの重心をずらす。そこから一気に縦に切り込むことで逆を取って、右足で完璧なクロスを折り返すと、味方の決勝点をアシストしている。

 この4人は、プレーヤーの素養としては欧州組と比較しても遜色はない。

国内組と欧州組の違い
 しかし、欧州組と言われる欧州でプレーする日本人選手は、国内組にはないアドバンテージを持っている。

 外国人選手として、異国のチームにフィットするのは容易ではない。重責を担いながら、チームを勝利に導く、際立った活躍が義務付けられる。さもなければ、容赦ない批判に晒される。

 それを経験した欧州組は、勝負に対してシビアだ。

 多くの欧州リーグが、プレー強度やしたたかさなどでレベルは上か。たとえ同じでも、そこで助っ人として認められるのは、国内での戦いよりも難儀である。語学、文化、そしてプレーリズムの違いを乗り越えて、力を発揮することが求められるのだ。

 その点、欧州で適応した選手が高く評価され、実力者と認められるのは必然と言えるだろう。

 もっとも、日本国内で実力を示した選手は、常に欧州組を凌駕するポテンシャルも持っている。彼らの存在が、代表の競争にも刺激となるだろう。切磋琢磨は欠かせない。

 一つ言えるのは、Jリーグが世界に誇れる才能を送り出しているということだ。

22: 2020/11/15(日) 20:16:17.92 ID:rqhR3Rue0
>>1
アジア予選ならこのメンツで十分
欧州組は本番のワールドカップに向けて
クラブチームで着実に力を付けてもらおう

4: 2020/11/15(日) 20:06:57.42 ID:ftM4nrgB0
うーん・・・、躍進?


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
Jリーガーだけで日本代表を組んでみた結果!ww

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。