スポーツ

Jリーグのスカウトに「ドラフト制度」について聞いてみた結果!!!

投稿日:

1: 2020/10/27(火) 23:28:36.09 ID:CAP_USER9
ドラフト制度をどう思いますか? Jリーグのスカウトに聞いてみた「気乗りしないクラブで活躍は…」

 今年のドラフト会議も無事終わり、クジの当たりはずれに翻弄されながらも選手たちの新たな道が決まりました。
そんな運の要素が大きいドラフト会議をJリーグのスカウトたちはどう思っているのでしょう。
今回は特別に過去の記事を再公開します。(初出:NumberWeb 2019年10月17日)

 秋も深まる10月――。

 全チームの監督がビシッとスーツを着込み、東京都内のホテルに一堂に会する。
ピンと張り詰めた空気のなか、フロント陣と指揮官は一様に神妙な面持ちで円卓を囲んでいる。

 静まり返った会場に関野浩之アナウンサーのよく通る声が響くと、一気に緊張感が走る。

「第1巡選択希望選手、浦和レッズ、旗手怜央、フォワード、順天堂大学」

 客席がざわつくなか、少し間をおいて次の名前が読み上げられる。

「第1巡選択希望選手、川崎フロンターレ、旗手怜央、フォワード、順天堂大学」

 言わずもがな、フィクションである。もしも、プロサッカー界にプロ野球のようなドラフト会議が導入されていれば、こんな光景が見られたのかもしれない。

 Jリーグの新人獲得事情は、NPB(日本野球機構)とは大きく異る。

 原則的には自由競争。クジで優先交渉権を得なくても、クラブはどの高校生、大学生とも交渉が許されている。
例えば、今年の目玉である佐々木朗希(大船渡高)、奥川恭伸(星稜高)と交渉し、2人とも獲得することもできる。
実際、川崎Fは、東京五輪世代となるU-22日本代表コンビの“両取り”に成功した。順天堂大の旗手怜央(4年)と筑波大の三笘薫(4年)は、“1位指名”が確実な人気銘柄と言っていい。

 2人の逸材を獲得した川崎Fの向島建スカウトは、満足そうに笑う。

「もしもドラフトがあれば、2人を同時に取ることなんて、できなかったですね」

https://number.bunshun.jp/articles/-/845584
記事の全文は「Number Web」をご覧ください

3: 2020/10/27(火) 23:30:39.17 ID:2OmHHjPv0
心の底から羨ましいだろうな
夕方中継で10%
サッカーの代表戦より取れてる計算になる

4: 2020/10/27(火) 23:30:55.03 ID:8NHjC95c0
アメリカのメジャーリーグサッカーと韓国のKリーグはドラフト制だったような気がする。

5: 2020/10/27(火) 23:31:59.33 ID:jGgNUjfC0
ドラフトがあるおかげでアマチュア野球も脚光が浴びる
ユース隆盛のサッカー界じゃ絶対成立しないけどな
高校サッカーに高校野球ほどの権威が無かったからユースが出来た


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
Jリーグのスカウトに「ドラフト制度」について聞いてみた結果!!!

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。