スポーツ

今季のDeNAが巨人と離された理由を野村弘樹氏が分析

投稿日:

引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1602987017/

1: 名無しさん@おーぷん 20/10/18(日)11:10:17 ID:6VX
img_a6bdd2866bc94600e3071c0eb659dcab186943
https://news.yahoo.co.jp/articles/6302f93843f727f2adba6eec4b9baa5e9fb6bf75?page=3

――今年は巨人が独走態勢に入り、早々にマジックも点灯しました。巨人とベイスターズを離してしまったものはどんなところにあると思いますか?

野村  采配って表裏一体だと思うんです。今年の原監督は「表」しか出なかった。完全に実力至上主義で、ベテランも若手も関係ない。
外国人だろうと平気で外すしなんなら落とす。勝つためならゲレーロにバントさせるのが原監督です。でもそれが強さなんだなと思いました。勝てば官軍ですからね、プロは。

一方のベイスターズは中途半端なように見えました。先発ピッチャーも140球投げさせたかと思えば、すぐに代えたり。その根拠がわからない。
そこでお客さんにまで「なぜなんだ?」という気持ちが芽生える。

先ほど「セオリーがない」というお話をしましたが、勝つ確率が高いものがセオリーとして定着するわけで、セオリーじゃないものは奇襲になる。
そして奇襲は外れたらとんでもないことになる、そこが表裏一体なんです。今年のラミレス監督は「裏」が目立ってしまった。

勝負事だから、勝ったり負けたりします。ずっと勝ち続けられるわけはない。ただ今年のベイスターズに限って言えば、負け方が悪すぎる。そこに尽きます。
「いや~今日はしょうがねえな」ってお客さんが帰れる試合が何試合あったか。2-0、3-0で勝っていて、8回もマウンドに上がったけどピンチを背負った先発に、ベンチはなにを言うか。
「同点までいい、抑えてこい」と言えるのか。そういう野球は正直あまりできなかったように思います。そして今年こうして5割を切ってる現実がある。

12: 名無しさん@おーぷん 20/10/18(日)11:25:42 ID:0Fk
離されたのは奇策なのは確かに
でも優勝が無理だからしゃーない

14: 名無しさん@おーぷん 20/10/18(日)11:27:07 ID:9w9
色々あるけど要は監督のレベルの差やろ

2: 名無しさん@おーぷん 20/10/18(日)11:13:01 ID:6VX
野村って投手コーチとしては印象薄いけど、意外としっかりした評論家なんやね

――ラミレス監督の良さとはどんなところにあると思いますか?

野村  セオリーがないところ。そしてそれがバチッとハマる時がある。今までも「これなんやろな」って思う瞬間が何度もありました。どう考えても同点にしないといけないから送らないとという時に、打たせて逆転してそのまま勝つ試合もたくさんあった。乙坂を代打に出してホームラン打ったりね。打順の考え方もそう。

――結果論、そうですね。

野村  でも外側の人間にはわからない、現場にしかわからないことっていっぱいあるんです。僕もコーチをやってた時に何度「そんなことはわかってんだよ」と思ったことか。外側から見て「おかしい」と思うことも、そうせざるを得ない何かがあるんですよ。ピッチングコーチの意見はどこまで採用してもらえているのか、分かりません。

――2018年のシーズン終了後に、ラミレス監督自身が「コーチとのコミュニケーション不足」というのを反省してらっしゃいましたが、実際には改善しきれていなかったのでしょうか。

野村  どうでしょうか。ただあくまでも僕がコーチなら「やってられない」と思う采配は多かったように感じます。自分がもし現役選手だったら「バカにしてるのか」と怒ってるかもしれない。僕や佐々木さんや盛田(幸妃)とか。今そうなってはいないのは、コーチが采配の意図を説明して、選手に納得させているからでしょう。


続きを読む

Source: なんJ PRIDE
今季のDeNAが巨人と離された理由を野村弘樹氏が分析

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。