スポーツ

日本代表MF遠藤航、ブンデス第3節のベスト11に選出!

投稿日:

1: 2020/10/06(火) 20:20:21.03 ID:CAP_USER9
スクリーンショット 2020-10-06 21.41.25

レバンドフスキやハーランドらとともに選出

 ブンデスリーガのシュツットガルトに所属する日本代表MF遠藤航が、ドイツの老舗サッカー専門誌『kicker』の選出する第3節のベストイレブンに、セントラルMF部門で選出された。

シュツットガルトは10月3日に行なわれたレバークーゼンとのホームマッチを1-1で引き分けている。開幕から3試合連続で先発した遠藤は、攻守のバランサーとして活躍し、強豪からの勝点1奪取に貢献。この働きぶりに、『kicker』は「2.5」をつけた(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)。

 そして、ロベルト・レバンドフスキやアーリング・ハーランドらとともに、第3節のベストイレブンにも選出されている。

 また、現地紙『Zeitungsverlag Waiblingen』の番記者シメオネ・クラマー記者は「エンドウはチームのキープレーヤーであり、最高の“掃除屋”である」と称賛している。

「守備と攻撃をつなぐ存在として、彼は欠かせない存在である。指揮官のペッレグリーノ・マタラッツォは、ブンデスでの2試合を終えた後、こう言った。『彼なしで私たちのゲームを想像することは、今のところ不可能だ。成立しないんだ。彼は我々の主軸なんだ』と。

 エンドウはピッチ上で派手なリーダーではない。だが、最も重要な役割を果たしている。シュトゥットガルトのゲームバランスを支配するのに、彼ほど重要な選手は他にはいないだろう」
 
 そして、守備的だけではなく、攻撃面での貢献度も「素晴らしい」と絶賛している。

「エンドウは、ラストパスを出すことも、得点することもほとんどない。だが、たいていの場合、攻撃が成功した結果として生まれるゴールを作るのは、シュートから遡った3本目、4本目のパスだ。その象徴が(第2節の)マインツ戦だった。ペナルティーエリアから20メートルほど離れたところで、ダニエル・ディダビへクロスを送ったサーシャ・カライジッチに完璧なパスを出したのは誰か、そうエンドウだ」

 昨シーズンをドイツ2部で戦い抜き、チームの1部昇格に貢献した遠藤。ドイツで評価を高め続けている27歳の“掃除屋”は、日本代表の活動を終えた後、17日にヘルタ・ベルリンとの試合を迎える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b2bd41505493b3e544982f092d890c54aa239307 

2: 2020/10/06(火) 20:24:01.28 ID:dwiZiyu60
かつての細貝みたいな守備専じゃないのがいいよな

3: 2020/10/06(火) 20:24:44.49 ID:z4uDPioc0
遠藤と言う名前の奴って大体このポジションだよな

4: 2020/10/06(火) 20:24:46.72 ID:cbrm09e50
調子いいみたいだな


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
日本代表MF遠藤航、ブンデス第3節のベスト11に選出!

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。