スポーツ

【日本代表】森保ジャパン、各ポジションの最新序列www

投稿日:

1: 2020/10/05(月) 12:50:53.29 ID:CAP_USER9
CBは吉田&冨安コンビが鉄板だが…

no title

10月のヨーロッパ遠征で約1年ぶりに活動を再開させる森保ジャパン。オランダのユトレヒトで10月9日にカメルーン、10月13日にコートジボワールと国際親善試合を戦う。今回は新型コロナウイルスの影響もあり、海外組のみのメンバー構成となったが、その最新序列を考察する。

【GK】
〇権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
△川島永嗣(ストラスブール/フランス)
△シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 3人に大きな差は感じないが、活動休止前のカタール・ワールドカップ・アジア2次予選を顧みれば、全4試合に先発した権田がファーストチョイスと考えられるだろう。もっとも昨年11月19日のベネズエラ戦(●1-4)ではベテランの川島がスタメン出場。シュミットは伸びしろがあることを考えれば、今回の2試合で異なる選手を起用する可能性も十分にある。
 
【CB】
◎吉田麻也(サンプドリア/イタリア)
◎冨安健洋(ボローニャ/イタリア)
〇植田直通(サークル・ブルージュ/ベルギー)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 森保ジャパンのCBコンビと言えば経験豊富な吉田と成長著しい冨安のコンビが鉄板で、それが崩れることはないだろう。もっとも、冨安を負傷で欠いた10月のワールドカップ予選・タジキスタン戦、11月のキルギス戦はチャンスを得た植田がまずまずのプレー。吉田との連係も問題なく、今遠征はこの3人で回すことになるのではないか。

 東京五輪世代で、CBとボランチをこなす板倉はDF登録ではあり、所属のフローニンヘンではCBとしてプレーするだけに、第4の男として考えられる。ただ、ボランチの頭数が足りないスカッドを見れば、中盤起用の可能性のほうがやや高いようには映る。

【SB】
◎長友佑都(マルセイユ/フランス)
◎酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
〇安西幸輝(ポルティモネンセ/ポルトガル)
〇室屋 成(ハノーファー/ドイツ)
△菅原由勢(AZ/オランダ)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 左は長友、右は酒井が一番手という序列に変わりはない。もっとも今夏にドイツへ移籍し、ヨーロッパのサッカーで揉まれる室屋、ポルトガルで経験を積み、両サイドをこなせる安西が競争に一石を投じられるのか注目だ。

 初招集の東京五輪世代の菅原はSB以外にもCBやボランチなどをこなすユーティリティ。指揮官は「貪欲に成長してもらいたい」と期待を寄せており、デビューできるか楽しみだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/263e76c6832538796edc6a168c1fc0ecd016502c

【ボランチ】
◎柴崎 岳(レガネス/スペイン)
◎遠藤 航(シュツットガルト/ドイツ)
△中山雄太(ズウォーレ/オランダ)
△板倉 滉(フローニンヘン/オランダ)
 
◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 オランダへの入国制限のため、ロシアのロストフでプレーする橋本拳人の招集を断念。森保ジャパンで評価を高めていた存在だっただけに残念で、頭数は少なくなった。

 そのため司令塔の柴崎、バランスを取れる遠藤が2試合ともプレーする確率は十分にあるだろう。ただ、U-23代表ではキャプテンも務める中山の奮闘も楽しみにしたいところ。また前述したように、板倉がこのエリアでのレースに参戦するパターンも十分に考えられる。CBで起用するよりもボランチで試すほうがリスクは低いだろう。
【右サイドハーフ】
〇堂安 律(ビーレフェルト/ドイツ) 
〇伊東純也(ヘンク/ベルギー)
〇久保建英(ビジャレアル/スペイン)

【左サイドハーフ】
〇原口元気(ハノーファー/ドイツ)
△三好康児(アントワープ/ベルギー)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 森保ジャパンの10番である中島翔哉がコンディションの問題もあり、招集外に。そのため、ポジション争いはチーム内で最も混沌としており、最も楽しみなセクションとも言えるだろう。

 右はビーレフェルトで再起を誓う堂安、ベルギーで研鑽を積む伊東、期待値は最も高いであろう久保が横一線の争いか。それぞれにチャンスの場は与えられそうだ。また久保はセカンドトップでの起用もあり得るだろう。

 一方、中島が入ることの多かった左は、11月のキルギス戦で直接FKを決めてアピールした原口が有力か。U-23代表で10番を背負う三好も積極的なプレーでアピールしたいところだ。

【セカンドトップ】
◎南野拓実(リバプール/イングランド)
△鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)

【CF】
◎大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
△鈴木武蔵(ベールスホット/ベルギー)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 大迫を頂点に、後方に南野が控える形はもはや不動とも言える。もっとも、新たなオプションも必要で、昨年、数試合で試された鈴木と鎌田は、引き続き、このチームでどう自らの能力を活かすかを探る良い機会になるだろう。スピード豊かで今夏に海外初挑戦を決めた鈴木、パスセンスにも長けた鎌田、それぞれ所属クラブで軽快な動きを見せており、勢いを持って臨みたい。

 一方、10月4日には怪我のため、ベテランFW岡崎慎司の不参加が決定。同日に追加招集などは発表されていない。

5: 2020/10/05(月) 12:53:18.14 ID:DgH/Bx8X0
CMFは遠藤と板倉でお願い


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
【日本代表】森保ジャパン、各ポジションの最新序列www

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。