スポーツ

中田英寿、香川真司もプレミアの壁に苦戦したわけだが…

投稿日:

1: 2020/09/29(火) 22:03:50.82 ID:CAP_USER9
スクリーンショット 2020-09-29 23.38.15

またひとり、プレミアリーグのピッチから日本人選手の姿が消えた。

武藤嘉紀はマインツ時代、2015年からの3シーズンで66試合20得点と活躍。持ち前のスピードに加え、179cmながら大柄なDFに当たり負けしない身体の強さも認められて、ニューカッスル・ユナイテッドへの移籍を勝ち取った。

だが、プレミアリーグの2シーズンでは、通算25試合に出場してわずか1得点。不本意な成績に終わり、ラ・リーガのエイバルへと新天地を求めた。
これで武藤の去ったプレミアリーグには、日本人選手はリバプールの南野拓実だけになった。振り返ってみれば、この世界最高峰リーグに数多くの日本選手たちが挑んでいる。

先鞭をつけたのは、2001年に21歳でアーセナル移籍を決めた稲本潤一(現SC相模原)だ。アーセン・ベンゲル監督が率いた当時のアーセナルは、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールと3強を形成し、
稲本が加入した2001-02シーズンはリーグ戦とFAカップを制覇した。

当時のアーセナルでは、デニス・ベルカンプ、ティエリ・アンリ、パトリック・ビエラ、ロベール・ピレス、フレドリック・ユングベリ、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルストといった錚々たる各国代表が躍動していた。
それに対して稲本には、リーグ戦、FAカップともに1度も出番が訪れなかった。

プレー機会を求めた稲本は、2002-03シーズンからフラムにレンタル移籍し、2年間でリーグ戦41試合出場4得点を記録する。
その後もWBA(2004-05、2005-06)カーディフ・シティ(2004-05)でプレーし、プレミアリーグには通算で66試合に出場した。

この稲本と2002年日韓W杯でボランチのコンビを組んだ戸田和幸も、プレミアリーグに挑んでいる。毛髪を赤色に染めたモヒカンスタイルで臨んだ2002年W杯でのプレーが認められ、
26歳だった2003年1月からシーズン終了までトッテナム・ホットスパーにレンタル移籍し、リーグ戦に4試合出場した。

9/29(火) 11:30配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/67f0b4a6733e9e64989d1271b5f479c9da06dc25

「たかが4試合、されど4試合」なのが、プレミアリーグだ。稲本や戸田と同じように日本代表として数多くの国際大会を経験し、プレミアリーグでのプレーを夢見てイングランドのクラブに移籍しながらも、リーグ戦に出場できなかったケースは少なくないからだ。

 川口能活は2001年に日本人GKとして初めて海外移籍を実現させ、当時チャンピオンシップ(2部)を戦っていたポーツマスに加入。1年目は2部で11試合に出場したが、2年目は2部で1試合のみ。チームはこのシーズンで昇格を勝ち取ったが、川口は3年目にプレミアリーグに挑むことなく、出場機会を求めてデンマークのノアシェランに移籍した。

 2002年日韓W杯で代表だった西澤明訓は、2001年にプレミアリーグを戦うボルトン・ワンダラーズに入団したものの、リーグ戦の出場は叶わずにシーズン途中で退団となった。このほか、阿部勇樹(2010-12レスター・シティ/現浦和レッズ)や李忠成(2012-14サウサンプトン/現京都サンガ)もプレミアリーグを戦うことなく、イングランドを後にしている。

 プレミアリーグに挑んだ日本人選手で「最初の成功者になる」と期待されたのが中田英寿だった。

 21歳だった1998年7月にペルージャに移籍してから、ローマやパルマなどのセリエAのクラブを渡り歩き、28歳になった2005-06シーズンの新天地に選んだのがボルトン。シーズン序盤はサム・アライダス監督からの信頼も厚くスタメンに名を連ね、第10節のWBA戦でプレミア初ゴールを記録した。

 しかし、その後は日本代表戦のたびにチームを離れたことが響いてチーム内の序列を下げ、リーグ戦38試合のうちスタメンで14試合(途中出場7試合)に出場して1得点。2年目での本領発揮を待望されたなか、中田は2006年ドイツW杯をもって現役生活にピリオドを打った。

 それから7シーズン後、再び日本代表のエースがプレミアリーグ挑戦の時を迎えた。香川真司がドルトムントでの活躍がアレックス・ファーガソン監督の目に止まり、2012年にマンチェスター・ユナイテッドに完全移籍を果たす。

2012-13シーズンの開幕戦でプレミアリーグデビューを飾ると、第2節のフラム戦でプレミアリーグ初得点をマーク。故障で戦列を離れた時期もあったが、1年目はリーグ戦20試合6得点の成績を残し、2年目でのさらなる飛躍が期待された。

 ところが、このシーズン限りでファーガソン監督が退任すると、状況は一変。6年契約で就任したデイビッド・モイーズ監督が熱望したマルアン・フェライニやファン・マタの加入によって、MFでの香川の序列は低下。シーズン途中のモイーズ監督解任後にスタメン機会を増やしたものの、2013-14シーズンはリーグ戦18試合に出場して無得点に終わった。

 そして2014-15シーズンは、新たに就任したルイス・ファン・ハール監督の構想外になったことで、プレミアリーグ開幕後にドルトムントへの復帰が決定。香川のプレミアリーグでの挑戦は幕を下ろした。

 日本人選手で最初にプレミアリーグで成功したのは誰かと言えば、2012年から2020年1月までサウサンプトンでプレーした吉田麻也と言って異論を挟む者はいないだろう。

 日本人CBで初めてプレミアリーグに挑むと、1年目の2012-13シーズンからレギュラーポジションを掴んでリーグ戦32試合に出場し、8シーズン通算でリーグ戦通算154試合出場・6得点。プレミアリーグに確たる足跡を残した吉田は、2020年1月からセリエAのサンプドリアでプレーし、"守備の国"イタリアでも存在感を高めている。

 プレミアリーグ優勝を経験した日本人選手は、稲本(2001-02)、香川(2012-13)、岡崎慎司(2015-16)、南野(2019-20)と計4人いる。だが、主力として優勝に大きく貢献した点において、岡崎の右に出るものはいない。

 2015年6月にレスターに加入した岡崎は、1年目の2015-16シーズンはリーグ戦36試合5得点。前線から豊富な運動量によるチェイシングでチームに貢献し、クラブ創設132年目での初優勝の『影の立役者』と高く評価された。

岡崎は2018-19までの4シーズンで、リーグ戦通算114試合14得点を記録。そして2019年から戦いの場をスペインに移している。

 プレミアリーグに挑む日本人選手にとって、障壁のひとつになっているのが労働許可証だ。FIFAランクに応じて決められた過去2年間の代表戦の出場割合に達していれば発行されるが、満たしていない場合は基本的にはプレミアリーグのクラブの所属となってもイングランド国内でプレーすることは叶わない。

 この制度によって、過去には浅野拓磨(2016-19アーセナル/現パルチザン・ベオグラード)や井手口陽介(2018-19リーズ/現ガンバ大阪)が、現在ならマンチェスター・シティに所属する板倉滉(現フローニンゲン)や食野亮太郎(現リオ・アヴェ)がプレミアリーグのピッチに立てず、他国リーグでプレーをしている。

◆「レンタル移籍後に日本代表まで上り詰めた5人の男たち」はこちら>>

 そうしたなか、特例でプレミアリーグでのプレー機会を勝ち取ったのが宮市亮(現ザンクトパウリ)だ。中京大中京高3年時の2010年にアーセナルと契約し、2011年1月からオランダのフェイエノールトにレンタル移籍。ここでの目覚ましい活躍によって"プレミアリーグの価値を高める選手"という特例をクリアし、2011-12シーズンからプレミアリーグでプレーすることになった。

 アーセナル復帰後の出場はカップ戦だけだったが、2012年1月にボルトンにレンタル移籍すると、リーグ戦12試合に出場。飛躍が期待されたスピードスターは、翌シーズンはウィガンにレンタル移籍したが、度重なる故障に見舞われてリーグ戦は出場わずか4試合に終わった。

 2013-14シーズンはアーセナルに復帰。リーグ戦1試合に出場したものの、このシーズン限りでプレミアリーグに別れを告げることになった。

 そして現在、プレミアリーグで戦っている南野は2シーズン目。昨冬のリバプール移籍からリーグ戦10試合(うちスタメン2試合)に出場し、プレミアリーグでプレーした9人目の日本選手となった。

 今季はプレミアリーグ初ゴールだけでなく、昨年以上の活躍を見せることが2連覇を狙うチームで期待されている。それが達成された時、ハノーファーに所属する原口元気をはじめ、プレミアリーグへの移籍を狙う日本選手の多くの後押しになるはずだ。

5: 2020/09/29(火) 22:05:30.13 ID:iPJW+noy0
レスターの奇跡メンバー岡崎に決まってんだろ


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
中田英寿、香川真司もプレミアの壁に苦戦したわけだが…

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。