スポーツ

【悲報】DeNAラミレス監督、球団内で完全に孤立していた……

投稿日:

202009110001131-w1300_0

引用元: https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1599962230/

1: 風吹けば名無し 2020/09/13(日) 10:57:10.45 ID:Aki2bLc/0
 首位巨人と5・5ゲーム差で迎えた今月1~3日の首位攻防戦で3連敗。3戦目は中継ぎ投手のパットンを先発させる奇襲に出たが、巨人打線に集中打を浴び、1回3分の1を9失点と大炎上。チームは二回までに13失点の大敗で、巨人とは今季最大の8・5ゲーム差に広がった。自身の古巣・巨人に3勝9敗と歯が立たないのが致命的だ。

■「番長」就任が既定路線

「下位打線だろうが、基本的に犠打はなく、攻撃はただ打つのみ。足を絡める作戦がほとんどないから効率が悪い。単打3本で無得点なんてことがよくある。8番に投手を置く意図にしても、ベンチのコーチだって理解していないんだから、コミュニケーション不足もいいところ。かなり頑固でコーチ陣の意見にほとんど耳を貸さなくなっている。リーグ優勝の可能性がほぼ消えて、2位の可能性はあっても、今年はCSもない。球団内で完全に孤立しているし、今季限りとみられています」(球団OB)

 次期最有力候補は「ハマの番長」こと三浦大輔二軍監督(46)だ。

 昨季は一軍投手コーチとして3年ぶりに現場復帰。精力的に投手陣を指導し、今季は二軍を率いている。

「昨年は独裁といわれたラミレス監督に、先発投手が長いイニングを投げることの重要性を訴え、よく先発の続投を進言していた。これからのベイスターズを支える今永、浜口、上茶谷ら若手投手を引き上げたというのが球団の評価です」(前出の球団OB)

 その二軍は11日現在、28勝20敗1分けでイースタン・リーグ2位と好調。若手を引っ張る手腕も発揮しており、交代は確実な情勢だ。

2: 風吹けば名無し 2020/09/13(日) 10:57:28.39 ID:Aki2bLc/0

3: 風吹けば名無し 2020/09/13(日) 10:57:35.80 ID:Aki2bLc/0
ええんか

4: 風吹けば名無し 2020/09/13(日) 10:58:06.51 ID:hynjte/Z0
いらんなら打撃コーチでくれ


続きを読む

Source: なんJ PRIDE
【悲報】DeNAラミレス監督、球団内で完全に孤立していた……

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。