スポーツ

元Jリーガーが6位! 現役選手の通算ゴールランキング!

投稿日:

1: 2020/08/01(土) 22:51:01.36 ID:CAP_USER9
 「いまだ健在」と地元メディアも称賛 

no title

かつて大分トリニータやガンバ大阪で活躍した元ブラジル代表FWマグノ・アウベスが、44歳になったいまも相変わらずの決定力を見せつけている。

 今年1月にブラジル4部相当のラゴイニャス・アトレチコと契約したベテランストライカーは、コロナ中断明け最初のゲームから結果を残す。

 まず、7月24日のバイーア州選手権のバイーア戦(グループステージ8節)で、CKから味方がヘッドで流したところを頭で流し込み、先制点をゲット。これが決勝点となり、1―0の勝利の原動力となった。

 この活躍を、ブラジル・メディア『LANCE』は、「マグノ・アウベスはいまだ健在だ。経験豊富な44歳はバイーア戦で唯一のゴールを決めた」と称賛。これがクラブキャリア453点目だとして、世界の現役選手の通算ゴールランキングを紹介した(下表)。
 
 1位がクリスチアーノ・ロナウド(ユベントス)の734点、2位がリオネル・メッシの703点、3位がズラタン・イブラヒモビッチ(ミラン)の544と続くランキングで、マグノ・アウベスはなんと6位にランクイン。そのほかも錚々たるメンバーばかりだ。

 2位でグループステージを突破して迎えた30日の準決勝・第1レグのジュアゼイレンセ戦でも、先制を許して迎えた33分に右サイドからのクロスに圧巻のボレーシュートを突き刺し、4-1の逆転勝利の立役者となったマグノ・アウベス。この調子なら、まだまだ記録を伸ばして行けそうだ。

現役選手の通算ゴールランキングTOP10(クラブキャリアのみ。7月25日現在)

1位:クリスチアーノ・ロナウド(ユベントス)/734点(1013試合)
2位:リオネル・メッシ(バルセロナ)/703点(867試合)
3位:ズラタン・イブラヒモビッチ(ミラン)/544点(922試合)
4位:ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)/484点(730試合)
5位:ルイス・スアレス(バルセロナ)/477点(760試合)
6位:マグノ・アウベス(ラゴイニャス・アトレチコ)/453点(表記なし)
7位:セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)/422点(757試合)
8位:セバスティアン・アブレウ(ボストン・リ-ベル)/407点(814試合)
9位:エディンソン・カバーニ(前パリ・サンジェルマン)/403点(702試合)
10位:クラース=ヤン・フンテラール(アヤックス)/399点(714試合)

8/1(土) 19:45 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/5113fd8d8e7781227551c4edb96ae6633f6c6e08 

31: 2020/08/01(土) 23:06:41.24 ID:7Yg7v37Q0
>>1
流石に4部のゴールを欧州一級線と比較するのはなしやろ

2: 2020/08/01(土) 22:51:59.11 ID:/hot5kV30
歴代で語れよ!

3: 2020/08/01(土) 22:52:41.76 ID:zpPm+utt0
日本人の現役最多は誰だろう? 大久保? 岡崎?


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
元Jリーガーが6位! 現役選手の通算ゴールランキング!

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。