スポーツ

シント=トロイデンの監督が解任の可能性・・・原因は韓国のイ・スンウ!?

投稿日:

1: 2019/11/06(水) 11:07:38.55 ID:c4ayelyo9
サッカー

イ・スンウは満足な出場機会を得られていない… 

日本企業DMM.com社傘下のシント=トロイデン(STVV)は、首脳陣とマーク・ブライス監督の関係が悪化しているようだ。ベルギー『Het Nieuwsblad』が報じている。

日本代表GKシュミット・ダニエルやFW鈴木優磨らがプレーするSTVVはここリーグ戦3試合では2勝1分けと負けなしを維持。加入直後に正守護神の座を手にしたシュミットに続き序盤はベンチに含まれていなかった鈴木もフル出場、直近のジュピラーリーグ第13節メヘレン戦(10月27日)、第14節オーステンデ戦(今月2日)ではそれぞれ決勝弾を挙げ、本領を発揮し始めている。

調子が安定したSTVVだが、それでも『Het Nieuwsblad』曰くクラブの首脳陣はブライス監督に不満を抱いているようだ。「メヘレンかオーステンデに敗れていたらブライスは解任されていた」と同監督はこの2戦の結果次第で更迭となっていたという。

同紙が伝えるその理由の一つは、アジア人選手2人に対するブライス監督の扱い。同監督はバルセロナ下部組織育ちで今夏にヴェローナから獲得した韓国代表MFのイ・スンウをこれまで公式戦のメンバーに含めておらず、ベトナムのホアン・アイン・ザライからレンタルで獲得したベトナム代表MFグエン・コン・フオンも第6節以降ベンチ外となっている。

同紙は「彼ら(首脳陣)は、アジア人の新加入、イ・スンウとグエン・コン・フオンが何故レギュラーで起用されていないのか、理解に苦しんでいる」と指摘。「特に“ベトナムのメッシ”ことフオンを獲得するためには強い説得が必要だった。しかし、ブライスは彼らが通用すると考えていない」とも記されている。

一方、チームは現在ブライス監督を支持しており、今のところフロントが動き出す可能性は低いという。しかし、成績不振に陥った矢先に、監督交代に踏み出すことになるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00010011-goal-socc
11/6(水) 10:08配信

5: 2019/11/06(水) 11:11:22.41 ID:YdChYHBz0
東南アジアを大事にするのが今後のトレンド

【 外部記事 】

7: 2019/11/06(水) 11:14:49.65 ID:Sm+9qCb30
何事にもバランスは必要
やりすぎだよ
現地サポ大切にしろ

12: 2019/11/06(水) 11:17:34.11 ID:CBzsEZ6n0
久保きゅんみたいに後半の10分だけ出す感じにしたら

15: 2019/11/06(水) 11:21:06.54 ID:3vvqmQdD0
ベンフィカへ行ったカイオが全く出場機会をもらえていないからSTVVは借りてこい
鈴木優磨と共演だ


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
シント=トロイデンの監督が解任の可能性・・・原因は韓国のイ・スンウ!?

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。