スポーツ

ドイツ代表GKノイアーの印象に残った日本人選手に香川の名前は挙がらず・・・

投稿日:

1: 2019/10/12(土) 01:04:44.35 ID:FgnhiIwg9
no title

ドイツ1部リーグ(ブンデスリーガ)で8連覇を目指すバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(33)が日本の報道陣のインタビューに応じた。クラブと代表で主将を務める人格者で、世界最高峰の守護神と長年称されてきたベテランが、リーグ8連覇への思い、シャルケ時代ともにプレーした元日本代表DF内田篤人(31=鹿島)、これまで対戦した日本人選手などについて語った。

 5日のホッフェンハイム戦後に行われたインタビュー。敗戦直後でも丁寧に受け答えするノイアーが一番の笑顔を見せたのは「僕の友人」と表現した元同僚・内田の質問だった。

 「僕たちは“ウチダサン”と呼んでいた。彼がドイツに来た頃、全然話せなかったドイツ語を一緒に学んだ。遠征後の飛行機の中でも。凄く楽しい思い出」と懐かしそうに振り返った。「とても優しいし、素晴らしい能力を持っていた」と高く評価していただけに「負傷してしまったのは残念。おそらく膝のケガが彼のキャリアをより大きく広げることを妨げた」と14年の右膝負傷を残念がった。

 ドイツで数多くプレーしてきた日本人選手については「対戦は本当に難しい。スピードがあり、俊敏で、両足でシュートを打てる選手もいる」と語った上で、特に印象に残った選手にFW武藤嘉紀(現ニューカッスル)とFW岡崎慎司(現スペイン2部ウエスカ)を挙げた。「武藤は凄く良い選手。岡崎がプレミアリーグ(レスター)に行ってしまったのは残念。彼もドイツで良いプレーをしていたから」とマインツでプレーした2人を高く評価。元同僚が在籍するJリーグもチェックするそうで「一緒にプレーした選手は気になる。ポルディ(元ドイツ代表FWポドルスキ)やイニエスタが神戸で何をやっているか、情報は追っている」と明かした。

 昨季チームはリーグ記録を更新する7連覇を達成。今季は第7節でホッフェンハイムに1―2で敗れてリーグ初黒星を喫し、首位から3位に転落した。「昨季もかなり苦労したし、ドイツ王者になるのは簡単ではない」とした上で「勝利を得るためなら全てをささげる。優勝記録更新が我々の一番の目標。個人としてもさらなる優勝を貪欲に目指す」と8連覇を含めたタイトル獲得への強い決意を示した。

 ◆マヌエル・ノイアー 1986年3月27日生まれ、ゲルゼンキルヘン出身の33歳。地元シャルケの下部組織育ちで06年8月に20歳でトップチーム初出場。11年にBミュンヘンに移籍し、13年の欧州CL優勝、リーグ7連覇、ドイツ杯優勝4回などに貢献。ドイツ代表通算90試合出場。14年ブラジル大会で優勝し、大会最優秀GKを受賞。国際サッカー歴史統計連盟主催の年間最優秀GKに13年から4年連続で輝いた。1メートル93、92キロ。利き足は右

10/8(火) 10:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000116-spnannex-socc

2: 2019/10/12(土) 01:05:48.26 ID:NQOZ/Tqy0
「武藤は凄く良い選手。

【 外部記事 】

3: 2019/10/12(土) 01:07:23.45 ID:VLTzG1c10
ノイアーってまだ33なんだな

4: 2019/10/12(土) 01:07:51.51 ID:51oe8XDU0
内田…


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
ドイツ代表GKノイアーの印象に残った日本人選手に香川の名前は挙がらず・・・

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。