スポーツ

「VARの担当は寝てたのか?」by 浦和・槙野智章

投稿日:

1: 2019/09/09(月) 07:18:00.11 ID:o8ViL6VS9
◆JリーグYBCルヴァン杯 準々決勝第2戦 鹿島2―2浦和(8日・カシマ)

 鹿島はホームで浦和と2―2で引き分け、2戦合計5―4となった乱戦を制して2大会連続15度目の4強入りを決めた。準決勝はG大阪―札幌、川崎―鹿島のカードで、第1戦が10月9日、第2戦が同13日に行われる。

 浦和が、この準々決勝から導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の“洗礼”を浴びた。

 2―2の後半45分、FW杉本がエリア内で鹿島DFブエノと接触、転倒も笛は鳴らず。主審は耳に手を当ててVARの助言を得た上でPKではないと判断したが、ピッチ脇で映像を確認する「オンフィールドレビュー」は実施しなかった。PKで得点すれば延長戦につながる局面。DF槙野は「どう見てもPK。VARの担当は寝てたのかな。あそこで映像をチェックしなきゃどこで使うんだろう」と苦言を呈した。

 試合はFW興梠の右足負傷での途中交代が響き、逆転突破を逃した。興梠は「前半は完璧にウチのペース。悔しい」と肩を落とした。

9/9(月) 6:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000027-sph-socc

no title

5: 2019/09/09(月) 07:20:48.64 ID:a15YGre20
マジで100パーセントPK

【 外部記事 】

6: 2019/09/09(月) 07:21:00.00 ID:p/Uk5gZz0
JリーグにVARは要らないことが証明された。使う側にその能力が備わってない。
佐藤レフェリーは自分の自信満々の判定にケチが付くのを嫌ったのかな?

27: 2019/09/09(月) 07:39:50.26 ID:ZvQ6YH+e0
>>6
ワールドカップでも、槙野はレバンドフスキをマークしててイエローカード出された
レバンドフスキが倒れたからだけど、槙野は触れてもいない、ただの演技だった
だけど主審はVARでの確認すら必要ないと判断し、槙野にイエローカードを出した

結局ビデオ確認するかしないかが主審の判断だから
サッカーが依然アナログ判定な競技なのは変わらない

37: 2019/09/09(月) 07:55:05.16 ID:Nnj38BWP0
>>27
同意だが、審判をコントロールして試合を優位に進めるのも
選手の仕事なんだよな
日本人選手はこの部分も足りない、ライト層が正々堂々を求めるからしょうがないけど


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
「VARの担当は寝てたのか?」by 浦和・槙野智章

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。