スポーツ

コパアメリカ・チリ戦・・・日本代表は上田綺世の交代すべきではなかった?

投稿日:

1: 2019/06/18(火) 16:55:52.57 ID:CVBgPShs9
no title

英国人が見たチリ戦。「『大人対子ども』の試合」「上田綺世の交代は反対! その理由は…」【コパ・アメリカ】

 日本代表は現地時間17日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)・グループリーグC組第1節でチリ代表と対戦し、0-4で敗れた。
この試合中、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

■「大きな舞台で冷静にプレーが出来るかどうか」

――おはようございます!朝早いですが、よろしくお願いします!
「おはようございます!」

――スタメンが発表されました。GK大迫敬介、DF原輝綺、杉岡大暉、MF中山雄太、FW前田大然、上田綺世が日本代表初出場となります。2連覇中のチリが相手ですが、どのようなところに注目しますか?
「一番大事なことは、このような大きな舞台で冷静にプレーが出来るかどうかだね。相手はいつもよりアグレシッブで速いと思うし、雰囲気も全然違うので、とりあえず落ち着いてプレーして欲しい」

――立ち上がりは特に注目ですね。初出場の選手の中で、注目の選手はいますか?
「前田ですね。僕はだいぶ前から好きな選手です。彼の積極的さとスピードはチームに非常にプラスになると思います」

――立ち上がりはどのような印象ですか?
「立ち上がりは完璧ですね。落ち着いてボールを回して、攻撃も積極的なので、ここまではチリを上回っている。でも、チリはもちろん少しずつ良くなるので、このレベルでプレーし続かないといけない」

■「今日はマンチェスター・ユナイテッドのサンチェス」

――久保建英や中島翔哉はドリブルで積極的に仕掛けています。
「そうですね。もちろん2人は素晴らしい。バリエーションがあるので、カウンターでもチャンスを作れそうです」

――原は19分に、中山は21分にイエローカードをもらってしまいました。
「中山はラッキーだね! そのファウルはレッドじゃない?」

――原はアレクシス・サンチェスとのマッチアップで苦労しそうですね。
「原は忙しそう。サンチェスは有名ですが、ここ1年半は調子もコンディションも良くなかったので、そんなに怖くないと思います。集中して対応できれば彼はすぐフラストレーションが溜まると思います」

――サンチェスが連続で2本シュートがありました。あのミドルシュートはクラブで何度も見たことがあります。
「でも、点を取りそうじゃなかったね! やっぱり今日はアーセナルで活躍したサンチェスじゃなくて、マンチェスター・ユナイテッドのサンチェスがいるかな」

――前半は30分を過ぎましたが、ここまでの試合の内容はどうでしょうか?
「ハーフタイムまでにゼロを抑えて欲しいですね。あ、しまった…」

――日本は41分に失点。嫌な時間ですね。
「マークも甘かったし、大迫の動きは少し良くなかった。日本は典型的なセットプレーから失点してしまいました」

■「上田綺世はメンタルが強そう」

――上田が決定機を迎えましたが、ゴールとはなりませんでした。
「これは決めるべきだった。このような大会では、あのチャンスは絶対に活かさなきゃね」

――前半は0-1で終わりました。前半戦の感想を教えてください!
「立ち上がりは非常に良かったが、さっき言った通りに主導権を失って、最後の25分はあまり良くなかったですね。失点シーンも残念だし、さっきの上田が決め切れなかったチャンスも大きいです」

――そうですね…。
「でも、このまえ上田のインタビューをみたんだけど、彼は非常にメンタルが強そうです。もちろんこのような大会では10回もチャンスは来ないけどね(笑)」

――主導権を握るためには誰がカギになりそうですか?
「中盤の選手ですね。柴崎岳と中山はもう少しスムーズにディフェンスから攻撃へのスイッチにならないといけない。出来るだけ早く2列目の選手にボールを出して欲しい」

フットボールチャンネル 2019年06月18日(Tue)11時24分配信 text by 編集部
https://www.footballchannel.jp/2019/06/18/post326708/

■「安部裕葵に期待」

――上田は2回目のチャンスも決めることができません…。
「またか…。じゃあ、あと8回! もちろん冗談だけど。本当にあのようなチャンスは決めきらないといけない。このゲームはそこで勝負が決めるから」

――そうですよね。それを決めたのがチリですね。
「その通りです。チリがちゃんとチャンス活かすが、日本はものにしてない」

――60分が過ぎました。そろそろ交代選手が出てくると思いますが、誰に期待しますか?
「安部裕葵ですね。そうですね。久保の代わりかな。彼は良いきっかけになるかなと思う。ACL(アジアチャンピオンズリーグ)やクラブワールドカップの経験もあるので、この舞台を恐れることはないと思う」

――ACLのアウェーも経験していますし、期待ですね。三好康児と安部が入り、前田と中島が下がりました。
「2人とも自信を持ってプレーして欲しいし、チャレンジして、相手の守備を突破してくれることに期待です」

■「センターフォーワードの仕事は得点を取ること」

――2点をリードしているチリは、引いて守ってカウンターという意識が強くなってきました。
「リードしていれば、強豪チームはそうしますね。試合の流れによってプレーすることができる」

――上田選手は、チャンスをなかなか決めることができません。ボールをもらうところは良かったですが。
「それはもちろん良かったけど、センターフォーワードの仕事は得点を取ることです」

――上田に代わって岡崎慎司が入ります。
「経験の面で反対です!」

――82分には、右サイドのクロスからサンチェスに決められてしまいました。その直後のバルガスに4点目を…。
「簡単すぎ。大迫はそこに行くべきじゃなかったね。柴崎も、あそこでボールロスするのは良くない」

――バルガスはコパ・アメリカ通算13試合で12得点だそうです。
「まさにセンターフォーワードの活躍ですね!」

――安倍は終了間際にチャンスがいくつかありました。
「そうですね。でも、日本は得点ゼロ。この敗戦は痛いね」

■「『大人対子供』のような試合」

――前半は40分までは無失点に抑えていましたが、結果的には0-4となってしまいました。
「このチームは“日本代表”じゃなくて“五輪代表”ですし、前回と前々回のチャンピオンと対戦する上に、スタメンの中で6人が初出場だったので『大人対子供』のような試合になるかなというイメージがあって、結局そうなってしまいましたね」
「もちろん日本は全部が悪かったわけではないですが、勝負を決める場面では良くなかった。私は試合が始まる前に『冷静なプレー』を求めましたが、立ち上がりの20分くらいしかできなかった。それは残念です。

――次戦に向けて、日本はどのようなところを改善すべきだと思いますか?
「ペナルティ・エリアでしっかり仕事しないといけない。ディフェンスは簡単に相手にチャンス与えてはいけないし、相手のエリアではチャンスを活かさないといけない。それは当然かもしれませんが、今日の試合で再確認出来たと思います」

――それもふまえて、ウルグアイ戦で活躍を期待する選手はいますか?
「上田ですね。さっきも言いましたが、彼はメンタルが強そうなタイプなので、切り替えて、次の試合で点を取って欲しいです。
今日はチャンスを決め切れなかったが、チリとの対戦で3度もビッグチャンスがあるのは、彼の動きやセンスのおかげだと思うので、次の試合でも自信を持ってプレーして欲しいです」

――なるほど。では、岡崎選手に代えない方がいいですね。
「だと思う。もしベンチに下げれば自信がなくなる可能性あるからね」

――ありがとうございました。次回のウルグアイ戦もよろしくお願いします!

▽語り手:ショーン・キャロル
1985年イングランド生まれ。2009年に来日。「デイリーヨミウリ」「Jリーグ公式ウェブサイト」などにも寄稿。高校サッカー、Jリーグ、日本代表など幅広く取材している。過去にはスカパーのJリーグ番組出演も。

【了】

6: 2019/06/18(火) 16:56:38.88 ID:cA65k+W00
赤子って言われなくて良かった()ネ

【 外部記事 】

10: 2019/06/18(火) 16:57:44.17 ID:SYmdK5bw0
上田が下がってから決定機すら作れなくなったからな
そこを同評価するか

11: 2019/06/18(火) 16:58:11.39 ID:k3V0lxAG0
子供だからさ

12: 2019/06/18(火) 16:58:41.91 ID:OJLC+NQJ0
何度も決定的な場面に絡めることってすごく重要だと思ってるんで
逃げて消えるFWよりずっといいとは思った。


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
コパアメリカ・チリ戦・・・日本代表は上田綺世の交代すべきではなかった?

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。