スポーツ

「初戦の難しさ..勝ち点1をとったことをプラスにとらえたい!」by なでしこ高倉監督

投稿日:

1: 2019/06/11(火) 09:38:09.73 ID:mBQlCtXe9
no title

<女子W杯:日本0-0アルゼンチン>◇1次リーグ第1戦◇10日◇パリ

サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」(FIFAランク7位)はW杯初戦でアルゼンチン(同37位)と対戦し、0-0で引き分けた。

高倉監督の主な一問一答は以下の通り。

-この試合での勝ち点1をどう感じているか。また、ボールを持ちながらリズムが出なかった要因はどう考えているか

高倉監督 もちろん今日の試合に関して勝ち点3をとりたいと強い気持ちを持ってゲームに入りましたけど、アルゼンチンが引き気味のポジションでゴール前を固めてくる中で、前半は特にゴールに向かうパワーと言いますか、人がいることによってそこに入っていくのを怖がってる状況が続いていたので。それでは点をとることはできませんし。積極的にもっとゴールを目指せというところはハーフタイムに指示をして。

後半、ゴールを狙うパワーは増したかなと思いますけど、その中でも足を振りきることはできずに。そのへんの変化をつける、もしくはパワーを持ってゴール前に入っていくところは足りなかったかなと。最後まで相手のリズムでゲームをしてしまったなと思います。

-スコアレスで試合が進む中で最初の交代カードとして、ここ1カ月間、実戦経験のなかった岩渕選手を起用した意図と狙いは

高倉監督 岩渕が実戦から遠ざかっていても、そうでなくても、彼女のもともと持っているポテンシャルは信じて選んだわけですし、投入の意図というのは得点しかないです。

-グループの中で最もFIFAランクの低い相手と引き分けてしまった。苦しい状況になったと思うが、残り2試合をどう戦っていくか

高倉監督 W杯はきれいにランクが上のチームが勝っていく大会ではないですし、初戦の難しさということを考えても、勝ち点1をとったことをプラスにとらえて、チームとしては前に進んでいくだけです。

-前半は守備重視に感じたが、それはもともとの狙いか。それとも、もっといくべきところをいけなかったのか。後半はリスクをかけて選手も動きだしてよくなったと思うが、それが結果につながらなかった。そこはどう分析しているか

高倉監督 私たちのチームで守備攻撃に関して約束事はありますし、どの相手に対しても決して守備的にいこうという発想でチームを考えているわけではないです。ただ、初戦ですし、守備のところはしっかりやていこうという話は(している)。どの試合もそうですけど。守備的に布陣を組んだわけではないですし。発想をしたわけでもないですし、その中でやはり選手が慎重になったというところもあったと思いますし、後半はもっとスイッチを入れていかないといけないところでちょっとテンポが上がったかなと思いますけど、結果的に私たちの力がアルゼンチンを壊す力がなかったのかなと思います。

6/11(火) 7:15配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-06110074-nksports-socc

3: 2019/06/11(火) 09:39:04.00 ID:7OC1K81K0
得失点でGL敗退の予感

【 外部記事 】

5: 2019/06/11(火) 09:40:44.96 ID:JK+OEDSv0
お嬢ちゃんサッカーだからね

8: 2019/06/11(火) 09:41:34.96 ID:1f4gNK9H0
たなみながいればなぁ


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
「初戦の難しさ..勝ち点1をとったことをプラスにとらえたい!」by なでしこ高倉監督

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。