スポーツ

「ウルグアイ戦に先発させるメンバーが森保監督の考えるファーストチョイス」by セルジオ越後

投稿日:

▽おすすめ記事▽

1: 2018/10/13(土) 07:54:16.51 ID:CAP_USER9
前半は全体的にぎこちなくて、あまり良い45分間ではなかった

no title

森保ジャパンがパナマ代表を3-0で下したね。これで先月のコスタリカ戦に続く2連勝だ。新体制の良好な滑り出しに、ファンのみんなも喜んでるんじゃないかな。
 
 ただ、試合内容は気になったね。特に前半は全体的にぎこちなくて、あまり良い45分間ではなかったよ。後半はカウンターが効いてペースを掴めたけど、日本が良くなったというより、相手が崩れてきた印象のほうが強かった。時間が経つにつれて日本がフリーでボールを持つ場面が増えたし、カウンターを仕掛けた際にも相手守備陣の対応の遅れが目立っていたからね。パナマの監督が試合前に言っていたとおり、選手のコンディションが良くなかったんだろう。そう考えたら、もっと点を取ってもおかしくない試合だったよ。
 
 まあ、ホームで試合をして、あまり脅かされることもなく、穏便に日本が勝つ。これがキリンチャレンジカップだからね。ハリルホジッチ監督の時も、ザッケローニ監督の時もキリンチャレンジでは勝っていたでしょ? だから、この2連勝で日本が強くなったと勘違いしちゃいけない。
 
 とはいえ、代表経験が浅い選手をテストできたのはポジティブな材料だ。最終ラインでは、センターバックの冨安が代表デビューを果たし、サイドバックには佐々木と室屋が起用された。ボランチの三竿も、代表初スタメンを飾っている。彼らのアピールが十分だったとは言えないけど、国際舞台の経験は成長を促す要素のひとつだ。チーム力の底上げという意味ではプラスに働くはずだよ。
 
 さらに言えば、前線の選手は好感触を掴めたんじゃないかな。どんな相手であれ、南野や伊東が2試合連続で点を取ったのは評価できるよね。大迫と原口が「さすがロシアW杯組」と唸らせるという感じではなかっただけに、なおさら結果を出したふたりの活躍が引き立った印象もある。次の試合でも若手のアピールが目立つようだと、とりわけ原口の立場は危うくなるかもしれないね。
 
 注文を付けるなら、交代枠の使い方かな。親善試合は6人を交代できるんだから、ふたつ余らせたのはもったいなかった。例えば東京五輪世代をもっと招集してテストしてもよかったよ。

10/13(土) 5:13 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181013-00048583-sdigestw-socc

ウルグアイ戦のスタメンが森保監督の"ファーストチョイス"だ

no title

A代表の試合と違って、五輪世代の試合は選手招集の強制力がない。であれば、パナマ戦のようなテストマッチに五輪世代の若手を起用して力を試すのも手だ。A代表と五輪代表を兼任する森保監督は、そんなやり方もできる立場だからね。11月のキルギス戦あたりでトライしてもいいだろう。
 
 今回の10月シリーズに話を戻すと、パナマ戦の選手起用を見る限り、16日のウルグアイ戦に先発させるメンバーが森保監督の考えるファーストチョイスになりそうだ。吉田や長友、酒井あたりはもちろん、中島や堂安も起用するだろうし、遠藤を戻して柴崎と組ませる可能性もある。大迫はパナマ戦で先発したけど、これは小林が怪我で代表を辞退したためで、本当なら温存したかったんじゃないかな。
 
 ウルグアイは韓国との試合後に来日するから、1試合をこなしてコンディションは上がっているはず。日本が力を試す良い機会になる。世界を見据えた強化という意味では、本当のスタートだよね。FIFAランク5位の格上を相手に、個々がどんなパフォーマンスを見せられるのか。森保監督も、このウルグアイ戦で結果を残した選手を今後の軸と考えるだろう。
 
 チームとしての現在地も、そこでようやく見えてくると思う。コスタリカ、パナマとの2試合では攻撃的なサッカーができたけど、ウルグアイ戦では違った展開になるはずだからね。森保監督が強調する「臨機応変」さが試されるよ。
 
 今回は呼びたい欧州組も呼べたし、個人的には、これまでの2試合と同じ気持ちで、同じサッカーをやってほしいと思っている。みんなが絶賛したコスタリカ戦のような攻撃サッカーをね。日本が見据えるべきは世界との戦いだから、ウルグアイのような強豪との試合でチャレンジすることが大事なんだ。
 
 もちろん、来年1月に行なわれるアジアカップへの準備も進めたいけど、引いて守ってくるアジアの相手に焦点を合わせていたら、いつまでたっても成長がない。ワールドカップの出場権を獲得してから世界への強化を考える流れは、この前のハリルホジッチ体制でも失敗したよね。だって、予選突破後に負け始めたら、ワールドカップ直前に監督を替えたんだから。その反省を踏まえたら、今からしっかり世界を見据えたチーム作りをしていかなければいけないんだ。

森保ジャパンの立ち位置が見える試合に

no title

日本は2014年のブラジル・ワールドカップが終わった直後に、札幌でウルグアイと試合をしたんだけど、その時は歯が立たずに0-2で敗れている。今回はどうなるか見ものだ。これまでの2試合とは違って守備面も試されるし、総合的に森保ジャパンがどんな立ち位置にいるのかが見える試合になる。カタール・ワールドカップへ向けた新しいチーム作りの指標になるはずだよ。


引用元;http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539384856


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
「ウルグアイ戦に先発させるメンバーが森保監督の考えるファーストチョイス」by セルジオ越後

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。