スポーツ

選手も監督も協会も…誰も「代表チームの問題」を解決しようとしない

投稿日:


▽おすすめ記事▽

1: 2018/03/29(木) 18:14:17.83 ID:CAP_USER9
サッカー_02

この試合をどう受け止めるべきなのか――。その解釈が難しい試合だった。
日本代表はベルギー・リエージュでウクライナ代表と親善試合を行ない、1-2で敗れた。マリ代表と1-1で引き分けた試合と合わせ、今回のベルギー遠征は1分け1敗。開幕まですでに3カ月を切ったW杯へ向け、期待が膨らむものだったとは言い難い。

 とはいえ、試合内容に目を向ければ、今回のウクライナ戦はマリ戦よりも数段よくなっていた。攻守にアグレッシブなプレーが見られ、選手たちは”サッカーをやっていた”。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の言葉を借りるなら、「敗戦で喜ぶことはできないが、前の試合よりもよかった。悪くないものもたくさん見られた」ということになる。

 しかし、見方を変えれば、試合内容がよくなっていたにもかかわらず、W杯本大会に出場することもできないウクライナ相手に、完敗を喫したのだ。

 ハリルホジッチ監督は「試合終盤に2、3回チャンスがあった」とし、「ドローに近い試合だった」と結論づけたが、客観的に見て、攻撃機会の数でも、決定的チャンスの数でも、上回っていたのはウクライナのほうだ。ウクライナ代表のアンドリー・シェフチェンコ監督が「セットプレーから1点を献上したが、試合全体を通してボールを支配し、ゲームをコントロールすることができた」と語ったとおりである。

 マリ戦に比べれば、日本はアグレッシブではあった。ハリルホジッチ監督も「より多くボールを奪うことができた」と振り返る。だが、あくまでも”マリ戦に比べれば”であって、実際、勢い込んでボールを奪いにいった瞬間にパスをさばかれ、かわされてしまうシーンも少なくなかった。

 日本の選手はハードワークしていたし、ゴール前では粘り強く守り、大量失点は食い止めたが、相手に脅威を感じさせるほどに、どれだけ狙いどおりの守備(相手の攻撃をコントロールし、できるだけ高い位置で前向きにボールを奪う)ができていたかは疑問が残る。

 そのひとつの証明が、ハリルホジッチ監督が言う「ファーストパス」、すなわち、ボールを奪ったあとの1本目のパスを効果的に使えなかったことだろう。指揮官が語る。

「ファーストパスが重要。ボールを奪ったゾーンから(ファーストパスによって)ゾーンを変えてプレーしなければいけないが、それがうまくいかなかった」

 攻撃と守備は表裏一体。狙いどおりの守備ができなければ、すぐにいい攻撃に切り替えることはできないし、狙いどおりの攻撃ができなければ、すぐにいい守備に切り替えることもできない。ボールを奪うことで精一杯なのだから、奪ったあとに攻撃へ移る準備までできるはずはなく、ファーストパスが効果的に使えないのも当然だった。

 ウクライナは、チャンスの数でたまたま日本を上回ったのではない。守備はコンパクトに、攻撃はワイドに――。サッカーのセオリーにおいて、ウクライナは日本よりも一枚上手だった。

それでも試合後、ハリルホジッチ監督は前向きな材料を強調し続けた。

「今回ケガで欠けていた数人が復帰すれば、ボールを奪ったあとのプレーは改善する」

「W杯直前に3週間トレーニングができるので、攻撃と守備の両方で改善できる」

 また、指揮官は「一度の合宿で2試合やるが、2試合目のほうが(試合内容が)いい」とも話していたが、昨秋行なわれたブラジル、ベルギーとの2連戦を振り返っても、2試合目のベルギー戦のほうが内容はよかった。活動時間が限られる代表チームにおいては、まとまったトレーニングの時間が取れることによって、チーム戦術の浸透が進むという面は確かにある。ハリルホジッチ監督が「W杯直前の3週間」を重要視する理由もそこにあるのだろう。

 だからこそ、ウクライナ戦をどう解釈するかは難しい。

 1試合目よりも2試合目のほうが内容はよくなっていた。だから、トレーニングの時間がもっとあれば、もっとよくなる余地がある、と考えるのか。

 あるいは、2試合目のほうが内容は数段よくなっていたにもかかわらず、完全な力負け。もはや短期間でどうこうできるレベルではない、と考えるのか。

 身も蓋もない言い方をすれば、どちらが正しいかは、W杯が終わってみなければわからない。それでも監督が、選手が、あるいは日本サッカー協会が、今回の試合をどう受け止めるかによって、W杯本大会に臨む姿勢(体制)は自ずと違ったものになるはずだ。

 重要なのはどちらが正解かではなく、誰かがそれを判断し、その考えをチーム全体で受け入れ、共有しなければならないということである。

 にもかかわらず、この期に及んで選手は監督(が志向する戦術)への不満をメディアに漏らし、監督はメディアを通じてそれを知り、選手への不満をメディアに向かって口にする。

 誰もがチーム内に問題が存在することを知りながら、誰も本気でそれを解決しようとはしない。今の日本代表を見ていると、そんなふうに思えて仕方がない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180329-00010005-sportiva-socc&p=2


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1522314857/


続きを読む

Source: SAMURAI Footballers
選手も監督も協会も…誰も「代表チームの問題」を解決しようとしない

-スポーツ

Copyright© 速報まとめNAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。